妊娠線ができる仕組み

妊娠すると体内の赤ちゃんの成長に合わせて、徐々にお腹が大きくなっていきます。
徐々に大きくなるお腹に希望が膨らんでいくと共に、不安になるのが妊娠線です。
妊娠線とは、赤ちゃんの成長に合わせて大きくなっていくお腹に対して、伸びにくい真皮や皮下組織の一部が成長についていけないためにでき、亀裂が生じてしまい赤紫色の線状斑の事を言います。
表皮は伸びることができるので血などはでませんが、強いかゆみが出てしまう事もありますので、爪などで引っ掻いてしまわないように注意が必要になります。

ここで注意しなければいけないのが、妊娠線が一度できてしまうと消えにくい為、跡が残ってしまうという事です。
妊娠線の色自体は赤紫から白色に変化はしますが、その後はかなり長い期間残ってしまいます。
妊娠線自体は、産後目立たなくなる為、気にされない方も多いのですが、場所によっては目立つ部分にできてしまうのでとても気にしている方が大勢います。

しかし妊娠するからには、誰にでも妊娠線のできる可能性はありますので、注意が必要になりますが、妊娠した事が無い方にとって、どのように注意したら良いのか分からない方もいらっしゃると思います。
そこでこのサイトでは妊娠線が出来なくなるために必要な予防法と、もし妊娠線ができてしまった後の対応方法も合わせてご紹介して行きますので、妊娠線の知識がない方や、奥さんが妊娠している旦那さんは特にしっかり事前に確認しておく事が重要になりますので、お時間を見つけて、しっかりチェックしてみてください。

Copyright © 2014 妊娠線ができる仕組み All Rights Reserved.